UA-71788490-1

ZERO LABO

お小遣い稼ぎ、副収入、副業、節約、子育て(教育)、資格などを研究するサイト

iPhone購入方法まとめ【新品・中古】

calendar

新品iPhoneを購入する方法

大手キャリア(docomo・au・softbank)

新品iphoneを購入する場合、まず最初に思い浮かぶのが、キャリアでの購入です。
「実質0円」等、魅力的な広告で、安く手に入るイメージがありますが、
最近増えてきている格安SIMの金額と比較するとやはり高額で、
2年縛りもあるため、端末代金と利用料の合計金額では高くなってしまいます。

以下は各キャリアで購入した場合とSIMフリーiPhoneを格安SIM(例:LINE MOBILE)で運用した場合の総額を比較した表です。

前提条件ですが、
全て新規契約、
端末:iPhone8 容量:64GB、
契約:データ通信量:5GB 通話料:5分かけ放題(LINE MOBILEは10分電話かけ放題)、
ネットとセット割引、各種オプションは無し、
2年間の合計金額で比較しております。

項目(税込) LINE MOBILE※1 docomo※2 au※3 softbank※4
端末代金 85,104円 22,680円 91,440円 17,280円
利用料 80,328円 181,440円 142,032円 181,440円
合計 165,432円 204,120円 233,472円 198,720円

※1 アップルストアで端末購入、コミュニケーションフリープラン、音声通話SIM 5GB、10分電話かけ放題オプション
※2 カケホーダイライトプラン、ベーシックパック5GB
※3 auピタットプラン(スーパーカケホ)
※4 スマ放題ライト、データ定額5GB

大手キャリアで購入した場合、実質安くなる印象がありますが、
上記表の通り、利用料が格安SIMに比べ高額なため、
どうしても総額で支払額が高くなってしまいます。

正直、あまりお勧めできません。

Apple 公式から購入


Apple 公式サイト

Apple公式サイトでも購入が可能です。
2018/5/31現在iphone8 64GBで85,104円(税込)でした。
au等で購入するよりお得な場合がありますし、
何より公式のため安心して購入ができます。

中古iPhoneを購入する方法

中古iPhoneを購入する場合は、様々な方法があります。
・ムスビーやイオシスなどの中古スマホ販売サイトで購入する。
・Amazon、楽天、Yahooなど
・メルカリ、ヤフオクなど

中古で買うメリットは何と言っても値段です。
新品に比べ、商品の状態によっては半額近くの値段で購入できる場合もあります。
しかしデメリットとして、赤ロムと呼ばれる状態などで利用できない場合もありますので注意が必要です。

注意点

・赤ロム(ネットワーク利用制限)
24回払いなどの割賦販売で購入された端末が支払い完了の前に販売されたり、
支払いが滞ったりすると、キャリアによって利用停止にされます。
キャリア側で利用停止にされると、
万が一、赤ロムを購入し格安SIM等のSIMを挿入して端末を利用すると、
ネットワーク利用制限がかかり、通信が一切出来なくなってしまいます。

特にオークションなどで購入する際は注意が必要です。
中古スマホ販売サイトなどでは事前にネットワーク利用制限の状態を確認し販売していたり、
万が一の保証を用意している場合もあるので事前に確認したほうがいいです。

利用制限の状態がわからない場合は端末固有の製造番号(IMEI)を以下のキャリアのサイトで入力すれば、
現在のネットワーク利用制限の状態を確認することが可能です。

ただし、あくまでの現在の状態ですので、その後利用制限されるケースもあります。
docomoネットワーク利用制限携帯電話機確認サイト
auネットワーク利用制限携帯電話機照会
Softbankネットワーク利用制限携帯電話機の確認

・商品状態、付属品など
中古のため使用者によってかなり差が出ます。
中古スマホ販売サイトの多くは商品状態をわかりやすくS・A・Bなどで評価し表示していることが多いですので参考にしてください。
オークションなどで購入する場合は、ディスプレイや端末本体の傷、バッテリーの持ち、付属品の有無などしっかりと確認し納得して購入してください。

・端末のキャリア、SIMロック解除状態、SIMの大きさ
格安SIMを入れて利用する場合は、端末のキャリアと格安SIMのキャリアを合わせるか、端末がSIMフリーである必要があります。
SIMロック解除されていないSoftbankの端末にdocomoのSIMは使えません。
事前にしっかり確認しましょう。

また、SIMには標準SIM、microSIM、nanoSIMの3種類の大きさがあります。
格安SIMではSIMの大きさを指定して契約しますので、必ず事前に確認しましょう。
間違えた大きさで契約した場合は、変更手数料が取られる場合がほとんどです。

おすすめ中古スマホ販売サイト

白ロム専門サイト/ムスビー

白ロム専門サイト/ムスビー

会員登録者数45万人を超える日本最大級の中古ケータイ・スマホ販売サイトです。
販売することも可能です。

2018/5/31現在、販売数22723件、
iPhoneシリーズだけでも7140件とかなりの数を取り揃えておりますので、
端末状態、SIMロック解除、赤ロム補償、付属品など様々な選択肢で端末を選ぶことが可能なので初心者でも安心して購入が可能です。

ヤフオク

ヤフオク
個人売買のため、赤ロムを捕まえてしまうリスクもありますが、
格安で手に入る可能性があります。
しっかりと端末を見極める力のある方にはおすすめです。

Amazon

Amazon

新品が本家より若干安く手に入る可能性があります。
また、Amazonマーケットプレイスで中古品も販売があります。
比較的状態がいいものが多くある印象です。

楽天市場

楽天市場

新品から中古まで多数取扱いがあります。
楽天市場にはゲオモバイルも出店しており、楽天ポイントももらえるため、
楽天ポイントを集めている方はおすすめです。

まとめ

iPhoneは非常に人気で、値段が下がりにくい分、
購入方法を色々と探すことでお得に購入できる可能性があります。
中古であれば他にもたくさんのサイトで販売していますので、
ぜひ納得いくまで探して、お得にiPhoneをゲットしていただければと思います。


この記事をシェアする